たかはしはメガネと補聴器の専門店です。                           お問い合わせはこちら プライバシーポリシー
999,9


 上質を具現化したフォーナインズ


 999.9(フォーナインズ)は、1995年9月に誕生した純国産の眼鏡フレームブランドです。
 フォーナインズの眼鏡フレームは眼鏡を使用する人々の生活を見据え、快適にお使いいただけるように設計されています。
 眼鏡は顔というデリケートな部分に装着するものです。サイズが合わないフレームを無理に掛けると、耳や鼻の痛み等の
 ストレスに繋がってしまいます。
 フォーナインズは、そのようなストレスを我慢することなく、掛けていてここちよいと思えるフレームを目指しています。
 眼鏡を必要とするあらゆる人がここちよく使用できるフレーム。それが、フォーナインズの眼鏡フレームなのです。

                                          (フォーナインズHPより原文のまま引用)

加古川、明石、神戸、姫路の999,9 フォーナインズ
 
 たかはしのスタッフが初めてフォーナインズのフレームを手に取った時に感じたことは、「シンプル」という言葉でした。
加古川、明石、神戸、姫路の999,9 フォーナインズ おそらくカラー構成があっさりしているせいでしょうか。各パーツの形状も妙に主張
 することもない仕上げです。
 ただ、掛けてみるとバランスの良さがはっきりと感じられます。
 フォーナインズのアイコンでもあるテンプルの「逆Rヒンジ」が程よい圧力で顔の
 サイドを抱え込んできます。
 もちろんこれだけでなくフロントパーツの剛性感、パッドの鼻梁への微妙な接触もしっかり感じられるからでしょう。
 さらに、メッキなどの耐久性にもこだわりをもって対応しているようです。(これは長期間テストが必要ですが)
 とにかく特に目立って「これが」が無いのに存在感があるのは全体の「質の高さ」から来るものでしょう。

       加古川、明石、神戸、姫路の999,9 フォーナインズ

 当たり前のことですが「このままでお客様へお渡し」は決してなく、きっちりフィッティングを施してからのお渡しになります。
 たかはしは特にフィッテイングに「力」を入れておりますので様々な調整に耐える
加古川、明石、神戸、姫路の999,9 フォーナインズ フレームを望んでおります。
 幸いフォーナインズのフレームは眼鏡店が調整しやすいように設計されているとの
 ことです。 

       加古川、明石、神戸、姫路の999,9 フォーナインズ

 たかはしとしては見やすいレンズを組み込み、お客様の頭部の輪郭、掛け位置などに合わせたフィッテイングを充分に施して
 トータルで 加古川、明石、神戸、姫路の999,9 フォーナインズ としたいと考えております。
 
メガネのたかはしトップページへ

copyright©2012 megane no takahashi all rights reserved.

サブナビゲーション