たかはしはメガネと補聴器の専門店です                          お問い合わせはこちら プライバシーポリシー
ありがとうございます!メガネのたかはしは創業47周年を迎えることができました。

□ 視力にも「質」があるのをご存知ですか?

 「視力を測定してメガネを作る」ごく自然な流れです。
 ところが「視力」といっても見えればOK!というわけにはまいりません。
 たとえば・・・メガネをかけて片方ずつ、手で隠して見てください・・・。
 左右の見え方に大きな「差」はありませんか?
 左右バランスは大事な要素のひとつです。

 たかはしでは視力測定に特に力をいれております。
  @ どういった環境でメガネを使用されるか?
  A 現在困っていることは何か?
  B 望まれていることは何か?
  C 完全矯正といわれる最も視力がでる度数の確認。
  D ピントあわせや左右それぞれの眼の運動機能の確認。

   といった主訴の確認と、それらすべての要素をふまえ最適な度数決定を行います。
 ボタンをピッ!と押して説明もそこそこで終わることのできるような作業ではありません。

 「見えるけど疲れる・・・」
 というような漠然とした訴えも時々あります。
 これらは左右の眼の運動機能(両眼でモノを正確に見る機能)が矯正されていない場合が
 多いものです。「3D映画が立体的に見えない」「だぶって見えたりする」のも同様です。
 こういった面もチェックできて初めて「メガネ」と呼ぶことができるのです。

                          もっと詳しくはこちら